上方講談 難波戦記CD



かつて上方の常設講談席でよく読まれていたのは、長い物語を連日読み進めていくという”続き読み”の講談でした。

二代目旭堂南陵の十八番は「太閤記」で、その後日談とされる「関ヶ原軍記」「難波戦記」等もよく読んでいたそうです。

このたび、収録してきた音源をCDにしたのは、全40回完結の「難波戦記」です。

現在、第1話から第30話まで販売中です。

「続き読みの講談会」を1997年6月から休まず続けてこられた旭堂南海さんによる聴き応え十分の長編「難波戦記」を、ぜひ、お聴きください。




 <販売にあたって・・・上方講談★私設応援隊>

もともとは、販売目的で音源収録したのではなかったのですが、これから5年かかるか10年かかるか皆目見当がつかない「太閤記」収録の軍資金にするために、全40回で完結する「難波戦記」の音源を、CD販売でご提供することにいたしました。

上方講談★私設応援隊HPはこちら



表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

44